投資信託用語索引
ま行
わ行

レバレッジ

レバレッジとは、てこの原理と同じ意味です。金融取引の場で用いられる場合は、少ない資本で多くの金額の取引を行うことを指します。通常、単位は「倍」で示します。例えば100万円の資本で、1000万円の取引を行うことをレバレッジ10倍の取引と呼びます。

投資信託の場においてもレバレッジという考え方は用いられます。例えば、不動産投資信託(REIT)において、投資家から集めた資金が10億円でその資金を担保にしてファンドが銀行から40億円を借りて、合計50億円の資金で不動産に投資をした場合、投資家から見れば、資本の5倍の取引をしていることになりますので、レバレッジを使った取引をしていることになります。

レバレッジは少ない資本でも多くの取引ができることから、資金を効率的に運用できます、例えば、上記のREITにおいて不動産による利回りが仮に10%とした場合、もともとの資本である10億円なら1億円の収益ですが、レバレッジにより50億円となっているので5億円の収益が得られます。これはもとの資本からみれば50%の収益が得られたことになります。
レバレッジは確かに利益を増やす働きがありますが、逆にレバレッジがあると収益がマイナスだった場合のマイナス幅も大きくなるというリスクもあります。

 


SBI証券公式ホームページ

投資信託投資ならSBI証券がお勧めの理由

SBI証券は数多くの投資信託を扱っているという商品ラインナップだけでなく、「投信マイレージサービス」によって事実上の信託報酬の割引を行っています。

そのため、同じ投資信託でも他証券で購入するよりも事実上やすい経費で運用できることになります。

>>SBI証券詳細情報


WealthNavi公式ホームページ

ロボアドを活用した自動投資ならWealthNavi

WealthNaviはロボットアドバイザーを活用した自動投資サービスです。
米国ETFをつ活用した国際分散投資をほぼ自動的に行ってくれます。資産運用には興味があるけど、投資のことを細かく勉強するのは面倒という方に最適です。ロボアドについては「ロボアド投資・自動投資」でも詳しく紹介。

>>WealthNavi詳細情報

 

投資信託人気証券会社
SBI証券
ネット証券最大手。投資信託の購入でポイントも貯まる「投信マイレージサービス」が人気。海外ETFも充実。
カブドットコム証券
MUFG(三菱UFJフィナンシャルグループ)のネット証券。投資信託部門に強み。フリーETFなど、サービス面も充実。
WealthNavi
2016年よりサービスを開始した米国ETFへの自動投資サービスです。中長期の資産形成に強みがあります。
投資信託入門講座 カテゴリー
投資を始める前に
投資信託の基礎知識
投資信託の種類
投資信託のコストと税金
投資信託の選び方
投資信託と証券会社・銀行比較
投資信託クチコミ・評判
ポイント投資の活用方法
投資信託コラム


投信入門講座 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集