投資信託入門講座投資信託と証券会社・銀行比較>投資信託と証券会社や運用会社の破たん

投資信託と販売会社や運用会社の破たん

投資信託を買ったものの、預けている証券会社(銀行)などの販売会社や、運用会社、信託銀行が破たんした場合に預けている投資信託はどのようになってしまうのでしょうか?ここでは販売会社や運用会社、信託銀行が破たんした場合のケースについて解説していきます。

投資信託を販売・運用・管理する会社が破たんしても投資家は保護される

まず、ご安心ください。投資信託は預けている証券会社(銀行)や投資信託運用会社、信託銀行が破たんした場合であっても保護されるようになっています。

 

証券会社(販売会社)が破たんしたケース

投資家の財産(預けている投資信託)と、証券会社との資産は区別されて管理されています。そのため、万が一証券会社が破たんした場合でも、投資家の預けている財産はそのまま残るようになっています。
このしくみを「分別管理」と言います。

 

投資信託運用会社がた破たんしたケース

まず、投資信託運用会社というのは、自己名義で投資資金をもっていません。運用会社は投資信託としての財産をすべて「信託銀行」に信託しています。
そのため、万が一運用会社が倒産したような場合でも、投資家の財産と運用会社との財産は別に扱われるため完全に保護されます。

 

信託銀行が破たんしたケース

信託銀行が破たんした場合でも、証券会社(販売会社)の場合と同様に、信託財産と信託銀行自身の財産は区別して管理されているので、こちらも保護されます。

 


SBI証券公式ホームページ

投資信託投資ならSBI証券がお勧めの理由

SBI証券は数多くの投資信託を扱っているという商品ラインナップだけでなく、「投信マイレージサービス」によって事実上の信託報酬の割引を行っています。

そのため、同じ投資信託でも他証券で購入するよりも事実上やすい経費で運用できることになります。

特に投資信託での資産運用において「コスト」は非常に重要です。そういった意味でSBI証券は投資信託運用におけるベスト証券会社だと評価しています。
>>SBI証券詳細情報

 

投資信託人気証券会社ランキング
1位:SBI証券
ネット証券最大手。投資信託の購入でポイントも貯まる「投信マイレージサービス」が人気。海外ETFも充実。
2位:カブドットコム証券
MUFG(三菱UFJフィナンシャルグループ)のネット証券。投資信託部門に強み。フリーETFなど、サービス面も充実。
3位:松井証券
2016年11月より投資信託の販売を開始。取扱数は少ないものの、ローコストのインデックスファンドを数多く扱う。ロボアドを活用した提案サービスも魅力
投資信託入門講座 カテゴリー
投資を始める前に
投資信託の基礎知識
投資信託の種類
投資信託のコスト
投資信託の選び方
投資信託と証券会社・銀行比較

投資信託クチコミ・評判
投資信託コラム


投信入門講座 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集