楽天銀行 ランキング1位

楽天銀行(旧イーバンク銀行)は投資信託の取り扱い数では、ネットバンクの中でも最高水準です。ノーロードファンドの取り扱いもあり、頻繁にキャンペーンも行っています。毎月1000円からの積立投資にも対応しています。
証券会社を使わずに投資信託をしたいというのであれば楽天銀行がおすすめ。また、楽天証券との連携サービスも充実しています。

投資信託本数 積立投資 ETF 外貨MMF 海外ETF
300本 可能 取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし

 

楽天銀行のサービス内容

楽天銀行はなんといってもその取り扱い本数の多さが魅力といえます。投資信託の取り扱い本数はなんと300本(2012年7月現在)とネットバンクの中では最大の本数となっています。
証券会社の「マネックス証券」が190本ですから、証券会社よりもラインナップ数では充実しているといえます。ただ、同じグループのネット証券「楽天証券」はファンド数470本です。

証券会社に口座は持たずに投資信託投資をしたいというのであれば楽天銀行をおすすめします。

楽天銀行公式ホームページ

 

ネットバンクについての比較なら

ネットバンク・インターネット銀行に関する比較なら「ネットバンク比較ランキング」がおすすめ。銀行の活用法や各ネットバンクのオススメ情報などを徹底比較

 


SBI証券公式ホームページ

投資信託投資ならSBI証券がお勧めの理由

SBI証券は数多くの投資信託を扱っているという商品ラインナップだけでなく、「投信マイレージサービス」によって事実上の信託報酬の割引を行っています。

そのため、同じ投資信託でも他証券で購入するよりも事実上やすい経費で運用できることになります。

>>SBI証券詳細情報


WealthNavi公式ホームページ

ロボアドを活用した自動投資ならWealthNavi

WealthNaviはロボットアドバイザーを活用した自動投資サービスです。
米国ETFをつ活用した国際分散投資をほぼ自動的に行ってくれます。資産運用には興味があるけど、投資のことを細かく勉強するのは面倒という方に最適です。ロボアドについては「ロボアド投資・自動投資」でも詳しく紹介。

>>WealthNavi詳細情報

 

 

投資信託人気証券会社
SBI証券
ネット証券最大手。投資信託の購入でポイントも貯まる「投信マイレージサービス」が人気。海外ETFも充実。
カブドットコム証券
MUFG(三菱UFJフィナンシャルグループ)のネット証券。投資信託部門に強み。フリーETFなど、サービス面も充実。
WealthNavi
2016年よりサービスを開始した米国ETFへの自動投資サービスです。中長期の資産形成に強みがあります。
投資信託入門講座 カテゴリー
投資を始める前に
投資信託の基礎知識
投資信託の種類
投資信託のコスト
投資信託の選び方
投資信託と証券会社・銀行比較

投資信託クチコミ・評判
投資信託コラム


投信入門講座 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集