外貨MMFでおすすめの証券会社比較

証券会社を外貨MMFで比較する場合、原則として同じ外貨MMFなら、どの証券会社で購入しても同じです。しかし、証券会社によって、取り扱い可能な通貨数や、為替手数料などで違いがあります。ここでは、そうした観点から証券会社の外貨MMFを徹底比較していきます。

なお、外貨MMFの商品性や特長については「外貨MMFとは」のページで詳しく解説していますのでそちらをご参照ください。

外貨MMFの取り扱い・手数料・比較

外貨MMF投資を考えたときのおすすめ証券会社を比較しています。

コスト面を考えるとカブドットコム証券がお勧めです。また、外貨MMFだけでなく、その後の外国株投資(海外ETF)なども考えると外貨MMFを直接投資に利用できる楽天証券やマネックス証券もお勧めです。

証券会社
備考

外貨MMFの取引手数料も安く、商品数も豊富です。また、外貨MMFの自動積立サービスなど、ソフト面のサービスも充実しています。外貨MMF投資ならNo1のネット証券です。
取引手数料も20銭(米ドル)と全ネット証券の中でも最安値。

取り扱い外貨MMF
米ドル、ユーロ、カナダドル、豪ドル、NZドル、南アフリカランド
>>カブドットコム証券詳細

通貨数は6通貨とネット証券の中でも最大数を取り扱います。外貨MMFを換金することなく、外債などに投資することも可能となっています。手数料が1位のカブドットコム証券よりも少し高いのがマイナス。
外貨MMF投資を通じて外国株・外債投資をしたいという方は楽天証券がおすすめ。

取り扱い外貨MMF
米ドル、ユーロ、カナダドル、豪ドル、NZドル、南アランド
>>楽天証券詳細

通貨数は3通貨と少なめですが、自動積立投資ができるので、毎月外貨の積立投資をしたいと方におすすめ。

取り扱い外貨MMF
米ドル・ユーロ・豪ドル
>>マネックス証券詳細

 


SBI証券公式ホームページ

投資信託投資ならSBI証券がお勧めの理由

SBI証券は数多くの投資信託を扱っているという商品ラインナップだけでなく、「投信マイレージサービス」によって事実上の信託報酬の割引を行っています。

そのため、同じ投資信託でも他証券で購入するよりも事実上やすい経費で運用できることになります。

特に投資信託での資産運用において「コスト」は非常に重要です。そういった意味でSBI証券は投資信託運用におけるベスト証券会社だと評価しています。
>>SBI証券詳細情報

 

投資信託人気証券会社ランキング
1位:SBI証券
ネット証券最大手。投資信託の購入でポイントも貯まる「投信マイレージサービス」が人気。海外ETFも充実。
2位:カブドットコム証券
MUFG(三菱UFJフィナンシャルグループ)のネット証券。投資信託部門に強み。フリーETFなど、サービス面も充実。
3位:松井証券
2016年11月より投資信託の販売を開始。取扱数は少ないものの、ローコストのインデックスファンドを数多く扱う。ロボアドを活用した提案サービスも魅力
投資信託入門講座 カテゴリー
投資を始める前に
投資信託の基礎知識
投資信託の種類
投資信託のコスト
投資信託の選び方
投資信託と証券会社・銀行比較

投資信託クチコミ・評判
投資信託コラム


投信入門講座 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集