直販投資信託の比較

直販投資信託とは、一般的な投資信託が「運用会社」と「販売会社」が別に存在しているのにたいして運用会社が直接投資家に投資信託を販売するものです。独立系投信とも呼ばれます。

生産者直売のような仕組みの投資信託です。最大のメリットは「コスト」です。販売会社に支払う手数料などのコストがかからないためよりリーズナブルな手数料で投資信託に投資をすることができます。投資においてリターンを引き下げる大きな要因の一つが「コスト(手数料)」であることを考えると直販投資信託という存在は理にかなっています。

主に、販売チャネルがインターネットに限られていることなどから知名度は決して高くありませんが、多くの投資家から高く評価されているファンドも多くおすすめです。

直販投資信託の種類

直販投信はいくつもありますが、代表的なものを下記の紹介します。

・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド (セゾン投信)
セゾン投信の看板ファンド。世界中のインデックス投資家から支持されているローコスト・ハイクオリティのバンガードの投資信託8本に投資をすることで世界30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資ができるファンドです。
販売手数料:0%
信託報酬:0.74%
信託財産留保額:0.1%
>>セゾン投信公式ホームページ

 

・セゾン資産形成の達人ファンド (セゾン投信)
長期投資を見据えた投資信託への投資を行うファンドオブファンズ。
販売手数料:0%
信託報酬:1.35%
信託財産留保額:0.1%
>>セゾン投信公式ホームページ

 

・ひふみ投信 (レオス・キャピタルワークス)
国内外の株式に投資をする投資信託。長期的な産業のトレンドを勘案しつつ、定性・定量の両方面から徹底的な調査・分析を行い、その時点での市場価値が割安と考えられる銘柄に長期的に選別投資をする。
販売手数料:0%
信託報酬:1.06%
信託財産留保額:0%
>>ひふみ投信公式ホームページ

 


SBI証券公式ホームページ

投資信託投資ならSBI証券がお勧めの理由

SBI証券は数多くの投資信託を扱っているという商品ラインナップだけでなく、「投信マイレージサービス」によって事実上の信託報酬の割引を行っています。

そのため、同じ投資信託でも他証券で購入するよりも事実上やすい経費で運用できることになります。

>>SBI証券詳細情報


WealthNavi公式ホームページ

ロボアドを活用した自動投資ならWealthNavi

WealthNaviはロボットアドバイザーを活用した自動投資サービスです。
米国ETFをつ活用した国際分散投資をほぼ自動的に行ってくれます。資産運用には興味があるけど、投資のことを細かく勉強するのは面倒という方に最適です。ロボアドについては「ロボアド投資・自動投資」でも詳しく紹介。

>>WealthNavi詳細情報

 

投資信託人気証券会社
SBI証券
ネット証券最大手。投資信託の購入でポイントも貯まる「投信マイレージサービス」が人気。海外ETFも充実。
カブドットコム証券
MUFG(三菱UFJフィナンシャルグループ)のネット証券。投資信託部門に強み。フリーETFなど、サービス面も充実。
WealthNavi
2016年よりサービスを開始した米国ETFへの自動投資サービスです。中長期の資産形成に強みがあります。
投資信託入門講座 カテゴリー
投資を始める前に
投資信託の基礎知識
投資信託の種類
投資信託のコスト
投資信託の選び方
投資信託と証券会社・銀行比較

投資信託クチコミ・評判
ポイント投資の活用法
投資信託コラム


投信入門講座 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集