投資信託用語索引
ま行
わ行

あ行

あ行 に関する投資信託用語を解説。

アセットクラス

アセットクラスとは投資信託のアセットアロケーションなどに利用されるますリスク特性や値動きなどが同様の投資対象のグループのことを指します。たとえば、現預金、国内債券、外国債券、国内株式、外国株式、RIETなどがアセットクラスとなります。

オープンエンド型

オープンエンド型とは、投資信託のしくみの一つで、オープンエンド型投資信託とも呼ばれます。ファンドの運用者が投資信託の買戻しを保証している投資信託のことを指します。対義語はクローズドエンド型と呼ばれる投資信託となります。

運用会社

運用会社(うんようがいしゃ)とは、投資信託において投資家(受益者)から販売会社(証券会社や銀行等)を経由して振り込まれた資金の具体的な運用の指示を行う会社のことを指します。投信会社のことを指します。

運用報告書

運用報告書(うんようほうこくしょ)とは、公募型の投資信託において投資家に対して決算期末ごとに交付される書類のことです。期間中の運用実績などが明記されています。受益者(投資家)に対して交付が義務付けられている書類となります。

アセットアロケーション

アセットアロケーションとは、資産配分という意味があり投資において安定した収益を得るために株式や債券、不動産、外国通貨、預金などに分散して投資することを言います。投資信託の場合は、様々な資産に対して分散して投資をすることができるため、アセットアロケーションの観点より投資信託のメリットが語られることが多くあります。

アクティブ運用

アクティブ運用とは、投資信託における運用方針の一つです。市場の平均値とされるベンチマーク(日経平均やTOPIXなど)の推移を上回るリターンを目標として運用することを指します。対義語はインデックス運用と呼ばれます。

 

 


>>フィデリティ証券の詳細情報を見る

投資信託人気証券会社
SBI証券
ネット証券最大手。投資信託の購入でポイントも貯まる「投信マイレージサービス」が人気。海外ETFも充実。
カブドットコム証券
MUFG(三菱UFJフィナンシャルグループ)のネット証券。投資信託部門に強み。フリーETFなど、サービス面も充実。
WealthNavi
2016年よりサービスを開始した米国ETFへの自動投資サービスです。中長期の資産形成に強みがあります。
投資信託入門講座 カテゴリー
投資を始める前に
投資信託の基礎知識
投資信託の種類
投資信託のコストと税金
投資信託の選び方
投資信託と証券会社・銀行比較
投資信託クチコミ・評判
ポイント投資の活用方法
投資信託コラム


投信入門講座 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集