投資信託入門講座投資信託の種類>投資スタンスで分類

投資スタンスで分類 / 投資信託の種類

投資スタンスとは、それぞれのファンドが目標とする利益目標であったり、運用方法であったりするものを意味します。投資信託では大きく「パッシブ型」「アクティブ型」「絶対収益型」の三つに分類ができます。

投資信託の投資スタンス別の比較

それぞれの投資信託には大きく「パッシブ運用(インデックス運用)」「アクティブ運用」「絶対収益運用」という3種類の運用方針があります。それぞれの運用方針によって手数料の高さもちがいますし、目的や投資信託の選び方もちがってきます。

投資信託の種類
手数料
求める収益とファンドの概要

パッシブ型
(インデックス型)

低い

ベンチマークと同じ。機械的な売買を行うのが一般的です。TOPIXや日経平均などそれぞれの投資信託が定めている「ベンチマーク(目標)」に連動するように運用されます。

基本的には、市場の成長を期待する運用方針となります。そのため、「どのマーケット(市場)に投資をするのか?」を決めてからその後、そのマーケットをベンチマークとするインデックスファンドを選択するという流れになります。

アクティブ型

高い

ベンチマーク以上の成果を目指す運用方針です。一般的には、トピックスや日経225平均などがベンチマークとして用いられます。ファンドマネージャーが銘柄を選別・比較します。

あくまで、ベンチマーク以上を目指すだけでそれを約束するわけではありません。基本的には、それぞれのファンドの運用能力の高さに投資をすることになります。

絶対収益追求型

高い

ベンチマークはない。収益が黒字となるよう目指します。パッシブ型やアクティブ型と異なり、ベンチマークのような指標がプラスでもマイナスでも無関係に成果がプラスとなるように投資するファンド。

こちらも同様に、「成果を約束するものではありません」

 

 

パッシブ型投資信託

パッシブ型投資信託とは、ファンドの運用方針としてある特定のベンチマーク(日経平均やTOPIXなど目標とする投資指数)と同じ程度の成果を目的とする投資信託のことを指します。これらのベンチマークと連動させることからインデックス型投資信託と呼ばれることもあります。

 

アクティブ型投資信託

アクティブ型投資信託とは、ファンドの運営方針として特定のベンチマーク以上の成果を出すことができるようにファンドマネージャーが投資対象を分析してより高い成果を出せるようにアクティブな投資を行う投資信託のことを指します。

 

絶対収益追求型投資信託

絶対収益追求型投資信託とは、ベンチマークを投資の成果として考えずに、絶対的な成果を出すことを求めるファンドの事を指します。一般的には市場動向に関わらずプラスの成果を求めるファンドという意味になり、多くの場合デリバティブなどを活用したやや複雑なファンドとなっていることが多いです。

 


SBI証券公式ホームページ

投資信託投資ならSBI証券がお勧めの理由

SBI証券は数多くの投資信託を扱っているという商品ラインナップだけでなく、「投信マイレージサービス」によって事実上の信託報酬の割引を行っています。

そのため、同じ投資信託でも他証券で購入するよりも事実上やすい経費で運用できることになります。

特に投資信託での資産運用において「コスト」は非常に重要です。そういった意味でSBI証券は投資信託運用におけるベスト証券会社だと評価しています。
>>SBI証券詳細情報

 

 

投資信託人気証券会社ランキング
1位:SBI証券
ネット証券最大手。投資信託の購入でポイントも貯まる「投信マイレージサービス」が人気。海外ETFも充実。
2位:松井証券
2016年11月より投資信託の販売を開始。取扱数は少ないものの、ローコストのインデックスファンドを数多く扱う。ロボアドを活用した提案サービスも魅力
3位:カブドットコム証券
MUFG(三菱UFJフィナンシャルグループ)のネット証券。投資信託部門に強み。フリーETFなど、サービス面も充実。
投資信託入門講座 カテゴリー
投資を始める前に
投資信託の基礎知識
投資信託の種類 ←イマココ

投資信託のコスト
投資信託の選び方
投資信託と証券会社・銀行比較
投資信託クチコミ・評判
投資信託コラム


投信入門講座 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集