投資信託入門講座ポイント投資の活用方法>dポイント投資は最強の負けないポイント投資

dポイント投資は最強の負けないポイント投資

ポイント投資の中でも「dポイント投資」は最強レベルでお得なポイント投資です。いずれ改悪されてしまうことは目に見えていますが、やれるうちに全力でdポイント投資を活用するべきです。

これはドコモ利用者だけでなく、「だれでも、ほぼ100%勝てる投資」となっています。私もこれに気づいてから、ポイントをdポイントに集中しています。

dポイント投資とは?

NTTドコモが提供しているポイント投資サービスです。ドコモのポイントである「dポイント」を使って投資体験ができます。

  • アクティブコース(株80%、債券20%)
  • バランスコース(株45%、債券55%)

の二つのコースがありどちらかで運用をします。 投資したポイントが運用され、ポイントの追加、引出はいつでも自由にリアルタイムで行うことができます。

 

dポイント投資は負けない投資?どういうこと?

dポイント投資は、当日の上昇、下落が確定した後でも入出金ができるというタイムラグがあります。そのタイムラグを利用して、上昇する日はポイント追加、下落する日はポイント引出という戦略をとることで、負けなしの結果を残すことができるのです。

もう少し具体的に説明していきますね。

dポイント投資のアクティブコース、バランスコースはTHEOグロースAI(株型)、THEOインカムIA(債券型)という二つの投資信託に冒頭の割合で投資をしています。

この二つのファンドは米国ETFに投資をしています。

 

<グロースAIファンドの投資対象(一部)>

VANGUARD FTSE EUROPE ETF
VANGUARD FTSE PACIFIC ETF
ISHARES MSCI JAPAN ETF
VANGUARD MID-CAP VALUE ETF
VANGUARD MID-CAP GROWTH ETF
POWERSHARES QQQ TRUST SERIES
VANGUARD VALUE ETF
WISDOMTREE US MIDCAP DIVIDEND FUND
ISHARES CORE HIGH DIVIDEND ETF
iShares MSCI Emerging Markets ETF

 

<インカムAIファンドの投資対象(一部)>

ISHARES IBOXX INVESTMENT GRA
ISHARES 7-10 YEAR TREASURY BOND ETF
ISHARES MBS ETF
ISHARES 20+ YEAR TREASURY BOND ETF
ISHARES JP MORGAN USD EMERGI
ISHARES IBOXX USD HIGH YIELD
SPDR BBG BARC ST HIGH YIELD
ISHARES SHORT-TERM CORPORATE

 

上記は米国ETFなので、日本時間の朝7時頃に取引終了となります。これらの株価はYahooファイナンスなどでも確認できます。

そして、その終値をベースに当日(平日)の17時ごろにdポイント投資のコース結果が決まります。米国取引終了をもってある程度の当日の動きの予測が可能なわけです。

それで、17時までに投資判断をすれば負けなしなわけですね。

いや、計算とか大変そう……。と思われるかもしれませんが、「dポイント投資の攻略ブログ」などでは毎日の計算を代わりにやってくれています。このあたりを参考にすれば負けなしを実現できます。

 

dポイント投資でよりリターンを高めるために

よりdポイント投資のリターンを高める方法を紹介します。

  • dカードGOLDでdポイントを大量にためる
  • THEO+ドコモを使って一日の追加上限を増やす

 

dカードGOLDでdポイントを大量にためる

ドコモユーザー限定にはなりますが、dカードGOLDというクレジットカードをなら、ドコモ料金の10%分がdポイントとして還元されます。

dポイント投資も他の投資と同じように元本が多いほど、運用効率が高まりますので、dカードGOLDを作ってdポイントを早急にためていきましょう。

>>dカード GOLD公式ホームページ

 

THEO+ドコモを使って一日の追加上限を増やす

THEO(テオ)は当サイトでも紹介している「ロボアドサービス」の一つです。
そのTHEOとドコモが提携しているTHEO+ドコモ(テオプラスドコモ)の契約をして積立をしていると、一日のdポイント投資の追加可能ポイントが5倍の1万ポイントまで(通常2000Pまで)に増えます。

ポイント投資を効率的にするにはTHEO+ドコモの契約はかなり有効です。

>>THEO+ドコモ公式ホームページ

 


SBI証券公式ホームページ

投資信託投資ならSBI証券がお勧めの理由

SBI証券は数多くの投資信託を扱っているという商品ラインナップだけでなく、「投信マイレージサービス」によって事実上の信託報酬の割引を行っています。

そのため、同じ投資信託でも他証券で購入するよりも事実上やすい経費で運用できることになります。

>>SBI証券詳細情報


WealthNavi公式ホームページ

ロボアドを活用した自動投資ならWealthNavi

WealthNaviはロボットアドバイザーを活用した自動投資サービスです。
米国ETFをつ活用した国際分散投資をほぼ自動的に行ってくれます。資産運用には興味があるけど、投資のことを細かく勉強するのは面倒という方に最適です。ロボアドについては「ロボアド投資・自動投資」でも詳しく紹介。

>>WealthNavi詳細情報

 

 

投資信託人気証券会社
SBI証券
ネット証券最大手。投資信託の購入でポイントも貯まる「投信マイレージサービス」が人気。海外ETFも充実。
カブドットコム証券
MUFG(三菱UFJフィナンシャルグループ)のネット証券。投資信託部門に強み。フリーETFなど、サービス面も充実。
WealthNavi
2016年よりサービスを開始した米国ETFへの自動投資サービスです。中長期の資産形成に強みがあります。
投資信託入門講座 カテゴリー
投資を始める前に
投資信託の基礎知識
投資信託の種類
投資信託のコスト
投資信託の選び方
投資信託と証券会社・銀行比較
投資信託クチコミ・評判
ポイント投資の活用方法

投資信託コラム


投信入門講座 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集