投資信託入門講座投資信託コラム>投資初心者が投信を選ぶときにやってはいけないこと

投資初心者が投信を選ぶときにやってはいけないこと

投資初心者の方が投資信託を含めて、資産運用を始めようと考えた時、絶対にやってはいけないことが一つだけあります。それは「銀行や証券会社の窓口に行って教えてもらうこと」です。これやるともう、それはそれは丁寧に扱ってくれます。そして手数料がバカ高いファンドを売ってくれるのです。

銀行・証券会社のススメに従うととんでもないことに。

私自身も証券会社に昔、在籍していたものですから実態についてはある程度わかっているつもりです。また、実際にお客として銀行や証券会社の窓口で投資信託について相談したこともあります。

その結果を踏まえると、銀行や証券会社の窓口に行って投資信託を選ぶことは初心者が絶対にやってはいけません。98%くらいの確率でカモにされてしまいます。

進められる投資信託はどれも「販売手数料」や「信託報酬」といったコストが高いものばっかり。これらは販売会社(証券会社や銀行)にとってとっても美味しいわけです。

たとえば、販売手数料が4.2%、信託報酬が年1.5%だとしたら、販売会社には販売手数料の全額と信託報酬の半分くらいが入ってくるわけです。

300万円分投資信託をうったら、販売時に12.6万円と、あとは毎年2万円くらいがずっと入ってくるようになるわけです。

一方で販売手数料が無料(ノーロード)の投資信託で信託報酬が0.5%程度のインデックスファンドを売っても手数料は、販売時がゼロ円、毎年の信託報酬が7千円くらいしか入ってこないわけです。

営業マンには当然ノルマ(目標)があるわけですから、当然コミッション(手数料)が高い方を勧めるわけです。

銀行や証券会社の名誉のためにも言っておきますが、すべての販売者がそうだというわけではありません。中には、投資家の目標や目的、環境、将来のことまですべて考えた上で、適した商品を提案してくれる人もいるかもしれません。

でも、そんな人は多くないんです。そして、その人がそういう素晴らしい人なのかを見分けることができるのもある程度、しっかりと投資についての知識を身に付けた人でなければわかりません。

それが見分けられないはずの投資初心者の方は銀行や証券会社の窓口で相談してはいけません。まずは当サイトを含めてWEBや書籍などを通じてしっかりと投資について勉強をしてください。

 


SBI証券公式ホームページ

投資信託投資ならSBI証券がお勧めの理由

SBI証券は数多くの投資信託を扱っているという商品ラインナップだけでなく、「投信マイレージサービス」によって事実上の信託報酬の割引を行っています。

そのため、同じ投資信託でも他証券で購入するよりも事実上やすい経費で運用できることになります。

特に投資信託での資産運用において「コスト」は非常に重要です。そういった意味でSBI証券は投資信託運用におけるベスト証券会社だと評価しています。
>>SBI証券詳細情報

 

投資信託人気証券会社ランキング
1位:SBI証券
ネット証券最大手。投資信託の購入でポイントも貯まる「投信マイレージサービス」が人気。海外ETFも充実。
2位:松井証券
2016年11月より投資信託の販売を開始。取扱数は少ないものの、ローコストのインデックスファンドを数多く扱う。ロボアドを活用した提案サービスも魅力
3位:カブドットコム証券
MUFG(三菱UFJフィナンシャルグループ)のネット証券。投資信託部門に強み。フリーETFなど、サービス面も充実。
投資信託入門講座 カテゴリー
投資を始める前に
投資信託の基礎知識
投資信託の種類
投資信託のコスト
投資信託の選び方
投資信託と証券会社・銀行比較
投資信託クチコミ・評判
投資信託コラム ←イマココ


投信入門講座 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集