投資信託入門講座投資信託コラム>投資信託も「ポイント」で購入できる時代へ。ポイントの通貨化が進む

投資信託も「ポイント」で購入できる。ポイントの通貨化

2017年8月26日より、楽天は自社グループのポイントプログラムである「楽天スーパーポイント」を使って自社ネット証券の「楽天証券」を通じてポイントで投資信託を買えるようになります。 また、2016年にはクレジットカード大手のクレディセゾン(セゾンカード)も自社のポイントを使って投資信託を買えるようになっています。

ポイントがどんどん通貨化しているように感じますね!

 

ポイントで投資・資産運用ができるようになる

ポイントというのは一般的には特定の企業のサービスを利用することで購入額の1%分のポイントがもらえるといったようなものですね。

一般企業が独自に提供するものもあれば、TポイントやPontaポイントといったように、複数の企業で共通して利用できる共通ポイントというものもあります。

こうしたポイントですが、今はどんどん高度化してきており、ポイントの通貨化が進んできているように感じます。

ビットコインのような「仮想通貨」とはまた違い、通貨ではありませんが、ポイントが現金に近いような性質を持ってきているわけです。

中でも、今回ピックアップする「ポイントで投資信託が買えるようになる」ってのは大きいかもしれません。

 

楽天証券+楽天ポイント

楽天ポイント(楽天スーパーポイント)は楽天グループのポイントプログラムです。2015年以降は共通ポイントとして他社でも楽天ポイントが貯またっり使えたりするお店が増えてきましたね。

こちらは2017年8月26日より楽天ポイント(通常ポイント)を使って投資信託の買い付けが可能となっています(1回当たり1万ポイント、月間10万ポイントまで) 。

通常ポイントのみで楽天のキャンペーン等でたまる期間限定ポイントは対象外になりますが、それでも十分にありがたいです。投資は100ポイント(100円)から可能となっておりハードルは低いです。

実際に投資をするには「楽天証券」の口座開設が必要です。

また、楽天ポイント(楽天スーパーポイント)を貯めるのにおすすめなのは楽天グループの年会費無料クレジットカードの「楽天カード」がおすすめです。ポイント還元率は1.0%と高い上、楽天でのお買い物ならさらにボーナスポイントも付与されます。

参考: 楽天カードのメリット、デメリット

 

クレディセゾン+永久不滅ポイント

クレディセゾン(セゾンカード)のクレジットカード利用でたまる「永久不滅ポイント」を使って投資が可能です。

・アクティブコース
・バランスコース

の二つから選択できるようになっています。100ポイント単位で投資が可能となります。
なお、実際の運用はマネックス、バンガード、セゾンが共同で運用している「マネックス・セゾン・バンガード投資顧問」によって行われます。

これは「自動投資の中では自由度が高いMSV LIFE(マネラップ)」でも紹介した自動投資サービスです。こちらと同じ運用でがポイントでできるわけです。

もっとも、永久不滅ポイントがたまるクレディセゾン(セゾンカード)のクレジットカードは還元率が0.5%となっており、上記の楽天カード(還元率1.0%) にかないません。

これからポイントを貯めて投資信託をポイントで買うというのなら、楽天のほうがいいです。

 

 

楽天証券

2019年現在はここしか選択肢がないレベルでおすすめの証券会社なのが楽天証券です。

投資信託の取り扱いが豊富というだけでなく、様々な投資信託関連の付加サービスが豊富です。

1)楽天カードで投資信託が買える
投信を楽天カード(クレカ)で購入できます。しかも1%のポイント還元付。5万円分なら500円の楽天ポイント付与で実質1%安く投信を買えます。

2)投信残高の0.04%相当の楽天ポイントがたまる
さらに、投信残高で0.04%相当のポイントも貯まります。入り口だけでなく保有でもポイントが貯まる。

3)楽天ポイントで投信がかえる
さらに、こうして貯めた楽天ポイントを使って投資信託を買えます。ポイント還元ですが、再投資が可能になっています。

ここまでして、楽天証券大丈夫?と聞きたくなるレベルでお得です。私も去年まではSBI証券で積立していましたが、2018年末からは投信運用はすべて楽天証券に切り替えました!毎月モリモリ楽天ポイントが貯まって、それを投資信託投資に振り向けてます。

>>楽天証券公式ホームページ

>>楽天証券の詳細情報をもっと見たい

 

投資信託人気証券会社
楽天証券
投資信託を買うなら、2019年現在は楽天証券以外は考えられないレベルでポイント還元施策が豊富。
SBI証券
ネット証券最大手。投資信託の購入でポイントも貯まる「投信マイレージサービス」が人気。海外ETFも充実。
WealthNavi
米国ETFへの自動投資サービス(ロボアド投資)です。中長期の資産形成に強みがあります。
投資信託入門講座 カテゴリー
投資を始める前に
投資信託の基礎知識
投資信託の種類
投資信託のコスト
投資信託の選び方
投資信託と証券会社・銀行比較
投資信託クチコミ・評判
ポイント投資の活用法
投資信託コラム ←イマココ


投信入門講座 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集