住信SBIネット銀行 ランキング4位

住信SBIネット銀行は、特にファンド(投資信託)をはじめとして運用面に強みがあるネットバンクです。大手ネット証券会社であるSBI証券と連動した預金口座や豊富な資金管理メニューなどは資産運用に役立ちます。
単独では、投資信託の取り扱いはありませんが、SBI小毛円と連携した「ハイブリッド預金」などを活用した投資信託投資が可能です。

投資信託本数 積立投資 ETF 外貨MMF 海外ETF
0本 取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし

 

住信SBIネット銀行のサービス内容

住信SBIネット銀行は資産運用に優れたサービスを提供するネットバンクです。資産運用サービス自体は「SBI証券」と連動したサービスとなっており、同社にも口座を開設する必要があります。ただし、その連動サービスはとても便利で、代表的なサービスとして資金スイープサービスである「SBIハイブリッド預金」があげられます。
ハイブリッド預金は、住信SBIネット銀行に預金をしておくだけで高金利の預金金利が適用されるだけでなく、その資金をSBI証券において投資信託等の買い付け代金に充当することができるというサービスです。

住信SBIネット銀行とSBI証券は会社こそ違っていますが、ウェブサイト上で相互に移動することができるようになっており、利便性も十分です。

このほか、預金を目的別にいくつかに分けて積立貯金をすることもできます。例えば、「住宅取得資金」「子供の入学資金」「老後のための貯蓄」のように、目的を分けて毎月積立をしていくということも可能になります。

さらに、住信SBIネット銀行の特徴として、コンビニATMを利用した決済性も注目です。、「セブン銀行」「ローソンATM」「イーネット(am/pm)」「ゆうちょ銀行」のATMと提携しており、これらのATMから手数料無料で入出金が可能です。(セブン銀行以外は、月5回まで。セブン銀行の場合回数制限なし)

 

投資信託の取り扱いはなし。 ハイブリッド預金を通じてSBI証券で投資信託

住信SBIネット銀行単体では、投資信託は買えません。ただ、SBIハイブリッド預金を通じて、SBI証券での株取引や投資信託投資が可能です。
(SBI証券への口座開設は別途必要になります)

 

住信SBIネット銀行公式ホームページ

 

ネットバンクについての比較なら

ネットバンク・インターネット銀行に関する比較なら「ネットバンク比較ランキング」がおすすめ。銀行の活用法や各ネットバンクのオススメ情報などを徹底比較

 

楽天証券

2019年現在はここしか選択肢がないレベルでおすすめの証券会社なのが楽天証券です。

投資信託の取り扱いが豊富というだけでなく、様々な投資信託関連の付加サービスが豊富です。

1)楽天カードで投資信託が買える
投信を楽天カード(クレカ)で購入できます。しかも1%のポイント還元付。5万円分なら500円の楽天ポイント付与で実質1%安く投信を買えます。

2)投信残高の0.04%相当の楽天ポイントがたまる
さらに、投信残高で0.04%相当のポイントも貯まります。入り口だけでなく保有でもポイントが貯まる。

3)楽天ポイントで投信がかえる
さらに、こうして貯めた楽天ポイントを使って投資信託を買えます。ポイント還元ですが、再投資が可能になっています。

ここまでして、楽天証券大丈夫?と聞きたくなるレベルでお得です。私も去年まではSBI証券で積立していましたが、2018年末からは投信運用はすべて楽天証券に切り替えました!毎月モリモリ楽天ポイントが貯まって、それを投資信託投資に振り向けてます。

>>楽天証券公式ホームページ

>>楽天証券の詳細情報をもっと見たい

 

 

投資信託人気証券会社
楽天証券
投資信託を買うなら、2019年現在は楽天証券以外は考えられないレベルでポイント還元施策が豊富。
SBI証券
ネット証券最大手。投資信託の購入でポイントも貯まる「投信マイレージサービス」が人気。海外ETFも充実。
WealthNavi
米国ETFへの自動投資サービス(ロボアド投資)です。中長期の資産形成に強みがあります。
投資信託入門講座 カテゴリー
投資を始める前に
投資信託の基礎知識
投資信託の種類
投資信託のコスト
投資信託の選び方
投資信託と証券会社・銀行比較

投資信託クチコミ・評判
ポイント投資の活用法
投資信託コラム


投信入門講座 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集