投資信託入門講座投資信託の選び方投資信託を買う際のポイント>モーニングスター社の投資信託レーティング

モーニングスター社の投資信託レーティング

投資信託の場合、モーニングスター社などの評価会社が各ファンドを評価しています。こうした評価会社では、ファンドを分析したコメントや注目したい点、リスクの大きさ、他の類似したファンドとの各種データの比較などが行われます。第三者の意見ということで、こうした評価会社の格付けも投信選びの参考になります。

 

レーティングとは

レーティングとは、証券会社や評価会社などが実施している「評価」です。個別株式などでも○○証券が、××のレーティングを「buy」に設定しました、などという投資ニュースを聞く機会もありますが、投資信託においてもレーティングというものが発表されています。

投資信託(ファンド)のレーティングを発表している会社として代表的なのが「モーニングスター社」などが挙げられるでしょう。モーニングスター社では、ファンドの超過収益やリスクなどを定量的に評価しており、それぞれのファンドがどれだけ優秀であるかを評価しています。

 

レーティングを見る際の注意点

レーティングは原則として「定量評価」により評価されています。定量評価というのは、他の類似ファンドとのリスクに対する超過収益を調査する評価法で、利用する統計資料は過去の実績です。投資というものは必ずしも過去の実績が将来の実績を約束するというわけではありません。

去年は運用が上手くいったけど、今年も上手くいくとは限らないのです。そういった意味でレーティングが高い投資信託(ファンド)=今後も必ず同程度の利益を出すというわけではないということをしっかりと理解しておいてください。

 

参考:シャープレシオ

シャープレシオとは、リスク調整済みリターンを計算する手法です。ファンドンにおけるポートフォリオにおける超過リターンがポートフォリオのリスクに占めている割合を示します。具体的な計算方法については「シャープレシオ(用語集)」で説明しますが、要は投資信託が抱えているリターン(収益)はどの程度のリスクを抱えたうえで得たリターンなのか?ということをあらわす指標です。
シャープレシオの数字が高いほど、より少ないリスクで高いリターンを得ているということになります。

 

楽天証券

2019年現在はここしか選択肢がないレベルでおすすめの証券会社なのが楽天証券です。

投資信託の取り扱いが豊富というだけでなく、様々な投資信託関連の付加サービスが豊富です。

1)楽天カードで投資信託が買える
投信を楽天カード(クレカ)で購入できます。しかも1%のポイント還元付。5万円分なら500円の楽天ポイント付与で実質1%安く投信を買えます。

2)投信残高の0.04%相当の楽天ポイントがたまる
さらに、投信残高で0.04%相当のポイントも貯まります。入り口だけでなく保有でもポイントが貯まる。

3)楽天ポイントで投信がかえる
さらに、こうして貯めた楽天ポイントを使って投資信託を買えます。ポイント還元ですが、再投資が可能になっています。

ここまでして、楽天証券大丈夫?と聞きたくなるレベルでお得です。私も去年まではSBI証券で積立していましたが、2018年末からは投信運用はすべて楽天証券に切り替えました!毎月モリモリ楽天ポイントが貯まって、それを投資信託投資に振り向けてます。

>>楽天証券公式ホームページ

>>楽天証券の詳細情報をもっと見たい

 

投資信託人気証券会社
楽天証券
投資信託を買うなら、2019年現在は楽天証券以外は考えられないレベルでポイント還元施策が豊富。
SBI証券
ネット証券最大手。投資信託の購入でポイントも貯まる「投信マイレージサービス」が人気。海外ETFも充実。
WealthNavi
米国ETFへの自動投資サービス(ロボアド投資)です。中長期の資産形成に強みがあります。
投資信託入門講座 カテゴリー
投資を始める前に
投資信託の基礎知識
投資信託の種類
投資信託のコスト
投資信託の選び方 ←イマココ

投資信託と証券会社・銀行比較
投資信託クチコミ・評判
ポイント投資の活用法
投資信託コラム


投信入門講座 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集