投資信託入門講座投資信託のコスト>投資信託の非課税制度を活用して投資

投資信託の非課税制度を活用して投資

投資信託の投資において非課税制度の活用は非常に有効です。投資の儲けに対する税金がかからなくなることで、資産運用の複利効果(複利運用)のパワーを大幅にアップさせることができます。

投資に関する非課税制度にはNISA(つみたてNISA)とiDeCo(個人型確定拠出年金)という二つの制度があります。制度を上手に理解して、投資をより効率的に行いましょう。

 

iDeCo(イデコ)とNISAの二つの制度を活用しよう

投資の非課税制度としては、現在iDeCo(個人型確定拠出年金)とNISA(小額投資非課税制度)という二つの制度があります。

この二つの制度はそれぞれ「併用」することができるので、どちらかを使うというよりは資産運用や投資の目的や現在の状況などに応じて使い分けをするのが賢いといえるでしょう。

個人型確定拠出年金
(iDeCo)
少額投資非課税制度
(NISA)
投資対象商品 投資信託
定期預金
投資信託
ETF
個別株式
投資可能期間 60歳まで 年齢にかかわらず、2023年まで(予定)
運用は2028年まで
投資上限額 毎月5,000円〜68,000円
ただし、加入している公的年金・企業年金によって上限額は異なる
年間で120万円まで
総額で600万円
節税メリット 掛け金が所得控除
運用益非課税
運用益非課税
受け取り時の課税 課税対象
(退職所得または年金所得)
なし
投資商品の売却 スイッチングが可能 自由に売却できるが、売却しても非課税枠は消失
資金の引き出し 60歳まで原則不可 いつでも可能

大きな違いは「節税メリット」と「資金の引き出し」です。

iDeCo(個人型確定拠出年金)は掛け金が所得控除になるため、運用益非課税メリットだけでなく、給料などの収入に対する所得税や住民税まで節税できます。これはかなり大きなメリットです。

一方で、NISAは運用をいつでも自由にやめることができます。そのため、投資資金を使いたいときはいつでも自由に現金化できます。iDeCoは年金なので、60歳まで引き出し不可です。

この2点の違いを理解して、運用を考えましょう。

 

個人型確定拠出年金(iDeCo)の活用方法

 

NISA(小額投資非課税制度)の活用方法

NISAは2015年からスタートした株や投資信託の小額投資を非課税とする制度です。制度利用は申し込みが必要で一人一口座作成することができます。

 

楽天証券

2019年現在はここしか選択肢がないレベルでおすすめの証券会社なのが楽天証券です。

投資信託の取り扱いが豊富というだけでなく、様々な投資信託関連の付加サービスが豊富です。

1)楽天カードで投資信託が買える
投信を楽天カード(クレカ)で購入できます。しかも1%のポイント還元付。5万円分なら500円の楽天ポイント付与で実質1%安く投信を買えます。

2)投信残高の0.04%相当の楽天ポイントがたまる
さらに、投信残高で0.04%相当のポイントも貯まります。入り口だけでなく保有でもポイントが貯まる。

3)楽天ポイントで投信がかえる
さらに、こうして貯めた楽天ポイントを使って投資信託を買えます。ポイント還元ですが、再投資が可能になっています。

ここまでして、楽天証券大丈夫?と聞きたくなるレベルでお得です。私も去年まではSBI証券で積立していましたが、2018年末からは投信運用はすべて楽天証券に切り替えました!毎月モリモリ楽天ポイントが貯まって、それを投資信託投資に振り向けてます。

>>楽天証券公式ホームページ

>>楽天証券の詳細情報をもっと見たい

 

 

投資信託人気証券会社
楽天証券
投資信託を買うなら、2019年現在は楽天証券以外は考えられないレベルでポイント還元施策が豊富。
SBI証券
ネット証券最大手。投資信託の購入でポイントも貯まる「投信マイレージサービス」が人気。海外ETFも充実。
WealthNavi
米国ETFへの自動投資サービス(ロボアド投資)です。中長期の資産形成に強みがあります。
投資信託入門講座 カテゴリー
投資を始める前に
投資信託の基礎知識
投資信託の種類
投資信託のコスト

投資信託の選び方
投資信託と証券会社・銀行比較
投資信託クチコミ・評判
ポイント投資の活用法
投資信託コラム


投信入門講座 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集