投資信託入門講座ポイント投資の活用方法>dポイント投資の評判と特徴、攻略方法

dポイント投資の評判と特徴、攻略方法

ポイント投資の中でも「dポイント投資」はお得なポイント投資です。

ドコモの共通ポイントである「dポイント」を疑似的に運用することができるサービスとなっています。運用しているポイントはポイントのまま、増減するようになっています。

かつては必ず勝てるポイント投資でしたが2019年6月に制度が変わり、100%の必勝法はなくなりましたが、それでもちょっとだけ先読みが可能なお得な運用手段です。ポイント投資の中では最高クラスにおすすめです。

 

dポイント投資とは?

NTTドコモが提供しているポイント投資サービスです。ドコモのポイントである「dポイント」を使って投資体験ができます。

  • アクティブコース(株80%、債券20%)
  • バランスコース(株45%、債券55%)

の二つのコースがありどちらかで運用をします。 投資したポイントが運用され、ポイントの追加、引出はいつでも自由にリアルタイムで行うことができます。

dポイント投資のアクティブコース、バランスコースはTHEOグロースAI(株型)、THEOインカムIA(債券型)という二つの投資信託に冒頭の割合で投資をしています。

この二つのファンドは米国ETFに投資をしています。

<グロースAIファンドの投資対象(一部)>

VANGUARD FTSE EUROPE ETF VGK
VANGUARD FTSE PACIFIC ETF VPL
ISHARES MSCI JAPAN ETF EWJ
VANGUARD MID-CAP VALUE ETF VOE
WISDOMTREE INDIA EARNINGS EPI
ISHARES MSCI PACIFIC EX JAPA EPP
VANGUARD VALUE ETF VTV
VANGUARD MID-CAP GROWTH ETF VOT
ISHARES MSCI MEXICO ETF EWW
ISHARES MSCI GERMANY ETF EWG

 

<インカムAIファンドの投資対象(一部)>

ISHARES IBOXX INVESTMENT GRA LQD
ISHARES 7-10 YEAR TREASURY BOND ETF IEF
ISHARES MBS ETF MBB
ISHARES 20+ YEAR TREASURY BOND ETF TLT
ISHARES JP MORGAN USD EMERGI EMB
ISHARES IBOXX USD HIGH YIELD HYG
SPDR BBG BARC ST HIGH YIELD JNK
SPDR BLACKSTONE/GSO SEN LOAN SRLN
ISHARES SHORT-TERM CORPORATE IGSB

 

<テーマ投資>

2019年6月から増えた投資タイプです。いずれも単独の米国ETFに投資をします。

  • 新興国:iシェアーズ・コア MSCI エマージング・マーケット ETF ( IEMG
  • コミュニケーション:iシェアーズ グローバル コミュニケーションサービス ETF (IXP
  • 生活必需品:iシェアーズ グローバル生活必需品 ETF (KXI
  • ヘルスケア:iシェアーズ グローバル・ヘルスケア ETF (IXJ

 

dポイント投資でよりリターンを高めるために

よりdポイント投資のリターンを高める方法を紹介します。

 

dカードGOLDでdポイントを大量にためる

ドコモユーザー限定にはなりますが、dカードGOLDというクレジットカードをなら、ドコモ料金の10%分がdポイントとして還元されます。

dポイント投資も他の投資と同じように元本が多いほど、運用効率が高まりますので、dカードGOLDを作ってdポイントを早急にためていきましょう。

>>dカード GOLD公式ホームページ

 

ちょっとだけ後出し投資ができる

dポイント投資の魅力は、ほんの少しだけですが後出しの投資ができる点が魅力です。

dポイント投資はTHEO社のTHEグロースAIとTHEOインカムAIの2つで価格が決まります。その価格は米国ETFなので日本時間の早朝のNY市場の終値がベースです。

ただ、その後もダウ先物などは変動します。dポイント投資は14時が当日の締切なので14時までの変動で追加、引出の判断をすればちょっとだけ得ができます(通常の投資よりも有利になります)。

 

楽天証券

2020年現在、ここしか選択肢がないレベルでおすすめの証券会社なのが楽天証券です。

投資信託の取り扱いが豊富というだけでなく、様々な投資信託関連の付加サービスが豊富です。

1)楽天カードで投資信託が買える
投信を楽天カード(クレカ)で購入できます。しかも1%のポイント還元付。5万円分なら500円の楽天ポイント付与で実質1%安く投信を買えます。

2)投信残高の0.04%相当の楽天ポイントがたまる
さらに、投信残高で0.04%相当のポイントも貯まります。入り口だけでなく保有でもポイントが貯まる。

3)楽天ポイントで投信を購入できる
さらに、こうして貯めた楽天ポイントを使って投資信託を買えます。ポイント還元だけでなく、ポイント投資が可能になっています。

ここまでして、楽天証券大丈夫?と聞きたくなるレベルでお得です。私もこれまでSBI証券で積立していましたが、2018年末からは投信運用はすべて楽天証券に切り替えました!毎月モリモリ楽天ポイントが貯まって、それを投資信託投資に振り向けてます。

もちろん、つみたてNISAやiDeCo(イデコ)にも対応しています。

>>楽天証券公式ホームページ

>>楽天証券の詳細情報をもっと見たい

 

 

投資信託人気証券会社
楽天証券
投資信託を買うなら、2019年現在は楽天証券以外は考えられないレベルでポイント還元施策が豊富。
SBI証券
ネット証券最大手。投資信託の購入でポイントも貯まる「投信マイレージサービス」が人気。海外ETFも充実。
WealthNavi
米国ETFへの自動投資サービス(ロボアド投資)です。中長期の資産形成に強みがあります。
投資信託入門講座 カテゴリー
投資を始める前に
投資信託の基礎知識
投資信託の種類
投資信託のコスト
投資信託の選び方
投資信託と証券会社・銀行比較
投資信託クチコミ・評判
ポイント投資の活用方法

投資信託コラム


投信入門講座 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集