投資信託のメリット

投資信託のメリットでは、投資信託を使って投資をするメリット(長所)についてどのような点があるのかを分かりやすく説明します。

 

投資信託のメリットのまとめ

投資信託のメリットは大きく下記で説明する「面倒は全部プロがやってくれる」「少額の資金でも投資ができる」「分散投資が手軽にできる」「色々なテーマの商品がある」という4つが挙げられます。それではそれぞれのメリット(長所)を具体的に見ていきましょう。

 

面倒なことはプロがやってくれる

投資信託の最大の特徴は、投資における実際の運用は「プロ」が代わりにやってくれるということです。何に投資をするのかということはもちろん、実際の売買などは全部プロが担当します。
投資信託へと投資をする投資家は「どの投資信託に投資をするのか」ということだけを決めればいいわけです。もちろん、投資信託(ファンド)によって運用はことなるわけですから、投資家として「投資信託選び」は重要なのですが、その後は放置できるという手軽さは魅力です。

具体的な投資信託の選び方については「投資信託の選び方」などでも説明しているのでそちらもご参照ください。

 

少額の資金から投資ができる

投資信託のメリットの一つとして、少額の資金で投資をすることができるという点が挙げられるかと思います。投資信託はおおよそ1000円〜1万円程度の少額から投資を始めることができるので、株式投資のように数十万円といった資金は必要ありません。

また、積立投信のように月々わずかな金額から投資信託を積立ていき、資産形成をはかるといったような投資も可能です。
(参考:投資信託の積立投信を比較

 

分散投資が手軽にできる

分散投資という言葉をご存知でしょうか?投資対象を分散することによって「リスクを分散」することができます。

投資格言に「一つの籠(かご)に卵を持ってはいけない」という言葉があります。1つの籠に卵を入れておくと、それを一つ落としたらすべての卵が割れてしまいます。
しかし、複数の籠に分散させておけば、一つ落としても被害は少なくなります。

これが分散投資の考え方です。
分散投資にはいろいろな分散方法があります。

・複数の企業の株に分散
会社の個別要因による下落リスクを分散。

・株だけでなく、債券にも投資
市場ごとの下落リスクを分散(株式市場と債券市場)。

・日本だけでなく海外にも投資
日本という地域性のリスクを分散

投資信託はこうした様々な形でリスクが分散された投資が可能になります。しかもそれを少額の資金から行うことができるのです。 これは大きなメリットといえるでしょう。

 

個人では投資が難しい投資にもチャレンジできる

投資信託の場合、運用をしてくれるのはプロのファンドマネージャーです。投資信託の場合には、個人では難しい様々なリスク回避の仕組みを活用して、リスクをヘッジしたり、複雑な金融手法を使った投資ができます。また、個人では投資ができない金融商品や外国の投資商品などにも投資ができます。

たとえば、外国の株に投資をしようと思っても、個人でその国の情報をたくさん仕入れるのには限界があります。

たとえば、中国が今後伸びると考えているとします。
それで、 中国の代表的な企業の名前をあなたは何社知っていますか?

おそらく多くの方は10社も言えないのではないでしょうか?そういう状況で中国の株式投資をしようとしても無理があります。もちろん、インターネットがこれだけ発展している現在ですので情報を仕入れること自体は可能でしょう。しかしながら、それには膨大な時間・コストがかかります。

そうした時、投資信託ならファンドマネージャーがそうした情報を仕入れて投資判断するのを「仕事」として行ってくれます。

このように、投資信託は個人では難しい投資も可能にしてくれるという大きなメリットがあります。

個人的には「手軽に分散投資できる」「個人では難しい投資に手軽にチャレンジできる」というものこそが投資信託の大きな魅力・メリットであると考えています。

ただし、投資信託はメリットだけがある商品ではありません。メリットと同時に他の投資商品と比較して弱い部分や悪い部分もあります。そこについては「投資信託のデメリット」をお読みください。

 

楽天証券

2019年現在はここしか選択肢がないレベルでおすすめの証券会社なのが楽天証券です。

投資信託の取り扱いが豊富というだけでなく、様々な投資信託関連の付加サービスが豊富です。

1)楽天カードで投資信託が買える
投信を楽天カード(クレカ)で購入できます。しかも1%のポイント還元付。5万円分なら500円の楽天ポイント付与で実質1%安く投信を買えます。

2)投信残高の0.04%相当の楽天ポイントがたまる
さらに、投信残高で0.04%相当のポイントも貯まります。入り口だけでなく保有でもポイントが貯まる。

3)楽天ポイントで投信がかえる
さらに、こうして貯めた楽天ポイントを使って投資信託を買えます。ポイント還元ですが、再投資が可能になっています。

ここまでして、楽天証券大丈夫?と聞きたくなるレベルでお得です。私も去年まではSBI証券で積立していましたが、2018年末からは投信運用はすべて楽天証券に切り替えました!毎月モリモリ楽天ポイントが貯まって、それを投資信託投資に振り向けてます。

>>楽天証券公式ホームページ

>>楽天証券の詳細情報をもっと見たい

 

 

投資信託人気証券会社
楽天証券
投資信託を買うなら、2019年現在は楽天証券以外は考えられないレベルでポイント還元施策が豊富。
SBI証券
ネット証券最大手。投資信託の購入でポイントも貯まる「投信マイレージサービス」が人気。海外ETFも充実。
WealthNavi
米国ETFへの自動投資サービス(ロボアド投資)です。中長期の資産形成に強みがあります。
投資信託入門講座 カテゴリー
投資を始める前に
投資信託の基礎知識 ←イマココ

投資信託の種類
投資信託のコスト
投資信託の選び方
投資信託と証券会社・銀行比較
投資信託クチコミ・評判
ポイント投資の活用法
投資信託コラム


投信入門講座 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集