海外ETFデータベース おすすめのETFを見つけよう

海外ETFデータベースは、主に米国の株式市場に上場しているETF(米国ETF)を対象に日本の個人投資家の方が、投資をする手助けとなるように、各ETFの情報や、目的別の選び方、ランキング情報などをまとめていきます。

>>海外ETF(米国ETF)の一覧

 

人気の米国ETFベスト15(純資産総額)

日本でもよく投資されている人気の米国ETFを紹介します。純資産総額でランキングしています。

ティッカー ETF名称 ETF概要
IVV iシェアーズ・コア S&P 500 ETF 米国受益証券市場の大型株を含むS&P500指数に連動。
SPY SPDR トラストシリーズ1 米国S&P500指数に連動。SPDR(スパイダー)はStandard & Poor's Depositary Receiptsの略号。
VTI バンガード・トータル・ストック・マーケットETF CRSP USトータルマーケット・インデックスのパフォーマンスに一致する投資成果を目指す。
VOO バンガード・S&P500ETF S&P 500指数のパフォーマンスに一致する投資成果を目指す。
EFA iシェアーズ MSCI EAFE ETF MSCI・EAFEインデックス・ファンドに連動。ヨーロッパ、オーストラリア及び極東の株式を含む。
QQQ インベスコ QQQトラストシリーズ1 米国ナスダック市場の大型株100銘柄から成るナスダック-100指数に連動。
IJH iシェアーズ・コア S&P 中型株 ETF S&P MidCap 400インデックスは米国株式市場の中型株のパフォーマンスを測定する指標。
VEA バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF 米国株を除きカナダ株を含む先進国株式市場の大型株・中型株・小型株をカバーする、FTSEディベロップド(除く米国)・インデックスに連動したパフォーマンスを目指します。
IJR iシェアーズ・コア S&P 小型株 ETF 時価総額3〜10億ドルの米国小型株約600銘柄に投資し、S&P小型株600指数の価格と利回りに連動する。
IWM iシェアーズ ラッセル 2000 ETF Russell 2000インデックスは時価総額加重型であり、Russell 3000インデックスの構成銘柄のうち、時価総額が下位の約2,000銘柄で構成され、米国株式市場の小型株を測る指標。
AGG iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF  ブルームバーグ・バークレイズ 米国総合インデックス。米国の投資適格債券市場全体のパフォーマンスを測る指標でドル建て固定金利、残存期間1年以上の債券で構成される。
VWO バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ中国A株トランジション・インデックスに連動した動きを目指す。
IEMG iシェアーズ・コア MSCI エマージング・マーケット ETF MSCI エマージング・マーケット IMI インデックスへの連動を目指す。BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国)やアジア主要国も当該指数に含まれる。
VTV バンガード・米国バリューETF CRSP USラージキャップ・バリュー・インデックスのパフォーマンスに連動した成果を目指す。
BND バンガード・米国トータル債券市場ETF バークレイズ米国総合浮動調整インデックスのパフォーマンスに一致する投資成果を目指す。

 

その他、個人投資家の人気が高い米国ETF

続いてはネット証券が発表している保有口座における海外ETFランキングの中でも、個人投資家から人気の高い、その他銘柄をピックアップしました。

ティッカー ETF名称 ETF概要
VT バンガード・トータル・ワールド・ストック 全世界の株式に投資ができるという非常にわかりやすいETFです。これ一本で世界の株式市場に投資できるETFとされますね。
HDV iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF インカム(分配金)狙いの投資家から高く評価されているETFです。米国の高配当企業に投資するETF
VYM バンガード・米国高配当株式ETF 同じく、米国株の高配当系のETFです。HDVよりも保有銘柄数が多く、金融銘柄が多い感じになっています。

 

 

楽天証券

2020年現在、ここしか選択肢がないレベルでおすすめの証券会社なのが楽天証券です。

投資信託の取り扱いが豊富というだけでなく、様々な投資信託関連の付加サービスが豊富です。

1)楽天カードで投資信託が買える
投信を楽天カード(クレカ)で購入できます。しかも1%のポイント還元付。5万円分なら500円の楽天ポイント付与で実質1%安く投信を買えます。

2)投信残高の0.04%相当の楽天ポイントがたまる
さらに、投信残高で0.04%相当のポイントも貯まります。入り口だけでなく保有でもポイントが貯まる。

3)楽天ポイントで投信を購入できる
さらに、こうして貯めた楽天ポイントを使って投資信託を買えます。ポイント還元だけでなく、ポイント投資が可能になっています。

ここまでして、楽天証券大丈夫?と聞きたくなるレベルでお得です。私もこれまでSBI証券で積立していましたが、2018年末からは投信運用はすべて楽天証券に切り替えました!毎月モリモリ楽天ポイントが貯まって、それを投資信託投資に振り向けてます。

もちろん、つみたてNISAやiDeCo(イデコ)にも対応しています。

>>楽天証券公式ホームページ

>>楽天証券の詳細情報をもっと見たい

 

投資信託人気証券会社
楽天証券
投資信託を買うなら、2019年現在は楽天証券以外は考えられないレベルでポイント還元施策が豊富。
SBI証券
ネット証券最大手。投資信託の購入でポイントも貯まる「投信マイレージサービス」が人気。海外ETFも充実。
WealthNavi
米国ETFへの自動投資サービス(ロボアド投資)です。中長期の資産形成に強みがあります。
投資信託入門講座 カテゴリー
投資を始める前に
投資信託の基礎知識
投資信託の種類
投資信託のコスト
投資信託の選び方
投資信託と証券会社・銀行比較
投資信託クチコミ・評判 ←イマココ

ポイント投資の活用法
投資信託コラム


投信入門講座 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集