投資信託用語索引
ま行
わ行

定量評価

定量評価(ていりょうひょうか)とは、投資信託を評価する際の評価方法の一つ。ファンドを分析する上で主に、その投信のパフォーマンスに着目して評価する方法です。他の類似ファンドとのパフォーマンス比較、リスク調整後のリターンの大きさなどを分析・評価します。

具体的な投資信託の定量評価手法としては以下のようなものが挙げられます。

1.他の類似ファンドとの比較
投資対象や運用の方針などでファンドを分類して、同じ種類のファンド間で、それぞれのファンドのパフォーマンスを比較します。過去のパフォーマンスが他のファンドと比較した場合にどれだけ良かったのかを知ることができます。例えば、日本の割安株に投資するファンドAを評価する場合、同じような投資対象に投資するファンドBと比較すれば、AとBのどちらのファンドがよりよい成果を挙げることができたのかを比較することができます。

2.リスク調整後のリターン比較
リスク調整とは、投資というものにはリスクの大きさがあります。例えば、リスクの小さい商品の場合、通常リターンも小さくなります。対してリスクの大きな商品はリターンも大きくなります。このことから、ファンドにおいても、高いリスクを負っているファンドの場合は、相応のリターンが必要ということなり、単純に、日本優良株ファンドと、エマージングファンドを「リターン」のみで見るのは間違っているといえます。
リスク調整後のリターン比較は、それぞれのリスクの大きさを定量化してそれを調整することでファンド間のリターンを比較する方法となります。

 


SBI証券公式ホームページ

投資信託投資ならSBI証券がお勧めの理由

SBI証券は数多くの投資信託を扱っているという商品ラインナップだけでなく、「投信マイレージサービス」によって事実上の信託報酬の割引を行っています。

そのため、同じ投資信託でも他証券で購入するよりも事実上やすい経費で運用できることになります。

>>SBI証券詳細情報


WealthNavi公式ホームページ

ロボアドを活用した自動投資ならWealthNavi

WealthNaviはロボットアドバイザーを活用した自動投資サービスです。
米国ETFをつ活用した国際分散投資をほぼ自動的に行ってくれます。資産運用には興味があるけど、投資のことを細かく勉強するのは面倒という方に最適です。ロボアドについては「ロボアド投資・自動投資」でも詳しく紹介。

>>WealthNavi詳細情報

 

投資信託人気証券会社
SBI証券
ネット証券最大手。投資信託の購入でポイントも貯まる「投信マイレージサービス」が人気。海外ETFも充実。
カブドットコム証券
MUFG(三菱UFJフィナンシャルグループ)のネット証券。投資信託部門に強み。フリーETFなど、サービス面も充実。
WealthNavi
2016年よりサービスを開始した米国ETFへの自動投資サービスです。中長期の資産形成に強みがあります。
投資信託入門講座 カテゴリー
投資を始める前に
投資信託の基礎知識
投資信託の種類
投資信託のコストと税金
投資信託の選び方
投資信託と証券会社・銀行比較
投資信託クチコミ・評判
ポイント投資の活用方法
投資信託コラム


投信入門講座 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集