投資信託用語索引
ま行
わ行

受託銀行

受託銀行(じゅたくぎんこう)とは、投資信託における受益者(投資家)の資産(信託財産)を安全に保管・管理する役割を担う投資信託の関係者の一つ。運用会社の指図により有価証券等の売買事務の執行も行います。

一般的には、信託銀行が受託者(受託銀行)としての役割を担うことが多いです。受託銀行は運用会社の資産と投資家(受益者)の資産を明確に分離させることにより投資家保護の役割を担っています。例えば、受託銀行が存在しない場合、仮に運用会社が破綻してしまった際、どこまでが運用会社の資産で、どこからが投資家から預かっている資金なのかの判断が難しくなったり、運用会社が違法に、受益者の財産を別目的で利用してしまうという危険があります。

しかし、投資家の資産を受託銀行側が管理することにより運用会社による恣意的な投資家の資金を転用するなどのことができなくなり、投資家の財産が保護されます。

 


SBI証券公式ホームページ

投資信託投資ならSBI証券がお勧めの理由

SBI証券は数多くの投資信託を扱っているという商品ラインナップだけでなく、「投信マイレージサービス」によって事実上の信託報酬の割引を行っています。

そのため、同じ投資信託でも他証券で購入するよりも事実上やすい経費で運用できることになります。

>>SBI証券詳細情報


WealthNavi公式ホームページ

ロボアドを活用した自動投資ならWealthNavi

WealthNaviはロボットアドバイザーを活用した自動投資サービスです。
米国ETFをつ活用した国際分散投資をほぼ自動的に行ってくれます。資産運用には興味があるけど、投資のことを細かく勉強するのは面倒という方に最適です。ロボアドについては「ロボアド投資・自動投資」でも詳しく紹介。

>>WealthNavi詳細情報

 

投資信託人気証券会社
SBI証券
ネット証券最大手。投資信託の購入でポイントも貯まる「投信マイレージサービス」が人気。海外ETFも充実。
カブドットコム証券
MUFG(三菱UFJフィナンシャルグループ)のネット証券。投資信託部門に強み。フリーETFなど、サービス面も充実。
WealthNavi
2016年よりサービスを開始した米国ETFへの自動投資サービスです。中長期の資産形成に強みがあります。
投資信託入門講座 カテゴリー
投資を始める前に
投資信託の基礎知識
投資信託の種類
投資信託のコストと税金
投資信託の選び方
投資信託と証券会社・銀行比較
投資信託クチコミ・評判
ポイント投資の活用方法
投資信託コラム


投信入門講座 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集