REIT(不動産投資信託)

不動産投資信託(REIT)とは、リートとも呼ばれることがある投資信託の一種です。投資の対象を不動産にしたもので、会社型と契約型の二種類にさらに分類することもできますが、日本で上場して販売されている投資信託はすべて会社型となっています。不動産への投資を証券投資に代替した投資といえます。

REITとは?

REIT(不動産投資信託:Real Estate Investment Trust)とは、投資家から集めた資金をオフィスビルなどの不動産に投資して運用し、収益を投資家に分配するという投資信託の仕組みを使った不動産投資です。
日本では、2001年から運用がスタートしており、J-REITと呼ばれます。

ちなみに、一般的な投資信託は「契約型」と呼ばれる仕組が使われていますが、REITについては「会社型」と呼ばれる仕組が使われています。

J-REITは、証券取引所に上場しており、一般的な株と同様に売買することが可能です。

 

REITのメリット

REITのメリットは、本来ならば多額の資金が必要となる「不動産投資」を少額の資金でスタートできるという点が挙げられます。

REITは集めた資金を使い、オフィスビルやマンションなどを購入します。そしてそれぞれの不動産物件から得られる収益(賃料など)を投資をしている投資家に対して配当金(分配金)として支払う形になっています。

また、証券取引所に上場しているREITは、市場でいつでも売却することができます。売買手数料もETFのケースと同様に一般株式扱いなので手数料自体無視できる水準となっています。

 

一方で、日本のREITには「系列問題」「査定の甘さ」などが問題となっています。その辺については「REITの抱える問題点」で指摘しています。本格的に不動産投資をするのであれば「アパート経営」などの方が最終的な利回りは高かったりします。

 

J-REITと銘柄、投資対象

J-REITというのは個別の不動産投資信託です。たとえば日本ビルファンド投資法人(8951)のように個別企業と同じように株式市場に上場しており売買できます。
それぞれのREITには運用方針や保有不動産などに特徴があります。

一般的にはと下記のようにREITによって違いがあります。

  1. 総合型
  2. オフィスビル特化型
  3. 住宅特化型
  4. ホテル・リゾート型
  5. 物流・倉庫型

参考:REITの投資対象別の特徴のまとめ

 

J-REITと東証REIT指数

東京証券取引所に上場しているREITの価格の指数があります。それが東証REIT指数です。いわゆるREITの日経平均みたいなものですね。

ちなみに、REITではなく、「ETF」を使ってREITに投資をすることもできます。
たとえば、NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信(1343)、上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型 (1345)などは、東証REIT指数をベンチマークとするETFです。

こちらであれば、日本のREIT市場全体に投資をすることもできます。W

 

REITとREITファンドの違い

ちなみに、証券会社などの販売会社で売られているREITファンドとREIT(J-REIT)は異なります。REITファンドというのは、国内外のREITやそれを使ったETFなどに投資をする投資信託です。

たとえば、投資信託として人気の高い「ラサール・グローバルREIT」や「フィデリティ・USリートファンド」などはREITに対して投資をするRETファンドになります。

これらは要するにREITのパッケージ販売のようなものです。複数のREITを組み合わせているので分散投資ができているという見方はあるものの、日本のREIT指数に投資をしたいならETFとして上場している東証REIT指数のETFに投資をすればいいだけですし、海外ETFには世界のREIT指数に連動するようなものもあるので直接そちらに投資をすればいいだけだと思います。

REITファンドは基本的に販売手数料信託報酬の無駄払いにすぎないと思っています。

 

 


SBI証券公式ホームページ

投資信託投資ならSBI証券がお勧めの理由

SBI証券は数多くの投資信託を扱っているという商品ラインナップだけでなく、「投信マイレージサービス」によって事実上の信託報酬の割引を行っています。

そのため、同じ投資信託でも他証券で購入するよりも事実上やすい経費で運用できることになります。

特に投資信託での資産運用において「コスト」は非常に重要です。そういった意味でSBI証券は投資信託運用におけるベスト証券会社だと評価しています。
>>SBI証券詳細情報

 

 

投資信託人気証券会社ランキング
1位:SBI証券
ネット証券最大手。投資信託の購入でポイントも貯まる「投信マイレージサービス」が人気。海外ETFも充実。
2位:松井証券
2016年11月より投資信託の販売を開始。取扱数は少ないものの、ローコストのインデックスファンドを数多く扱う。ロボアドを活用した提案サービスも魅力
3位:カブドットコム証券
MUFG(三菱UFJフィナンシャルグループ)のネット証券。投資信託部門に強み。フリーETFなど、サービス面も充実。
投資信託入門講座 カテゴリー
投資を始める前に
投資信託の基礎知識
投資信託の種類 ←イマココ

投資信託のコスト
投資信託の選び方
投資信託と証券会社・銀行比較
投資信託クチコミ・評判
投資信託コラム


投信入門講座 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集