海外ETF

海外の証券取引所(ニューヨーク証券取引所など)で取引されているETFです。日本の投資家であっても証券会社が海外ETFの扱いを行っていれば投資をすることができます。欧米では日本以上にETFが普及しており、様々な市場を対象としたETFが取引されています。近年では日本の投資家による売買も活発となっています。

海外ETFと国内ETF

日本の証券取引所に上場しているETFをここでは便宜上「国内ETF」と呼びます。

近年、日本でも多数のETFが登場しており様々な投資対象に手軽に投資できるようになっています。一方で、まだまだ海外と比べると種類が少ないのが現状です。

ニューヨーク証券取引所などで取引されているETFの中には一本で世界株式に連動するETFなどが販売されており、それが圧倒的に安い手数料(信託報酬)で運用されているわけです。

こうした魅力があるため、海外ETFへ投資をする投資家が増えているそうです。

 

海外ETFの注意点

海外ETFへの投資については下記の点に注意が必要です。

  1. 外国株扱いになる
    まず、海外ETFは外国株と同じ扱いになります。そのためすべての証券会社で扱えるわけではなく、どの証券会社でも売買できるわけではありません。

  2. 通貨は米ドル建て
    基本的にはドル建てとなりますので、為替リスクが発生することになります。

ちなみに、海外ETF投資におすすめの証券会社をお探しの方は「海外ETF投資で証券会社比較」のページをご参照ください。

 


SBI証券公式ホームページ

投資信託投資ならSBI証券がお勧めの理由

SBI証券は数多くの投資信託を扱っているという商品ラインナップだけでなく、「投信マイレージサービス」によって事実上の信託報酬の割引を行っています。

そのため、同じ投資信託でも他証券で購入するよりも事実上やすい経費で運用できることになります。

>>SBI証券詳細情報


WealthNavi公式ホームページ

ロボアドを活用した自動投資ならWealthNavi

WealthNaviはロボットアドバイザーを活用した自動投資サービスです。
米国ETFをつ活用した国際分散投資をほぼ自動的に行ってくれます。資産運用には興味があるけど、投資のことを細かく勉強するのは面倒という方に最適です。ロボアドについては「ロボアド投資・自動投資」でも詳しく紹介。

>>WealthNavi詳細情報

 

 

投資信託人気証券会社
SBI証券
ネット証券最大手。投資信託の購入でポイントも貯まる「投信マイレージサービス」が人気。海外ETFも充実。
カブドットコム証券
MUFG(三菱UFJフィナンシャルグループ)のネット証券。投資信託部門に強み。フリーETFなど、サービス面も充実。
WealthNavi
2016年よりサービスを開始した米国ETFへの自動投資サービスです。中長期の資産形成に強みがあります。
投資信託入門講座 カテゴリー
投資を始める前に
投資信託の基礎知識
投資信託の種類 ←イマココ

投資信託のコスト
投資信託の選び方
投資信託と証券会社・銀行比較
投資信託クチコミ・評判
投資信託コラム


投信入門講座 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集