投資信託の売買とブラインド方式

投資信託を買う場合、ちょっと特殊な方法での買い方になります。初期の募集を除き投資信託は購入する段階では「価格がわかりません」。これをブラインド方式といいます。これは相場の変動によって不公正な取引を禁止するための措置となっています。ここでは買い付けから代金の入金までの流れを解説していきます。

投資信託を売買する場合

投資信託は「口数」で注文をします。1口とか10口とかいった単位です。最低売買可能な口数は投資信託によって異なりますが、基本的には1口単位で売買可能です。ちなみに、購入価格は売買段階ではわからなくなっています。これをブラインド方式といいます。

 

なぜブラインド方式なのか?

なぜ、価格がわからないのか?不便だと思われるかもしれませんが、ブラインド方式が採用されるのは理由があります。

投資信託の基準価格というのは1日に1回発表されます。ブラインド方式が採用されるまでは前日の基準価格で売買されていました。

しかしながら、たとえば、日本株に連動する投資信託の場合、「今日株価が上がったから投資信託を買う」「今日株価が下がったから投資信託を売る」とすることで、短期売買を行う投資家にとって有利な状況であったのです。

そのため、投資信託の売買は当日の基準価格を元に行う(当日の基準価格は引け後に発表されるので売買段階では分からない)ことになったのです。

 


SBI証券公式ホームページ

投資信託投資ならSBI証券がお勧めの理由

SBI証券は数多くの投資信託を扱っているという商品ラインナップだけでなく、「投信マイレージサービス」によって事実上の信託報酬の割引を行っています。

そのため、同じ投資信託でも他証券で購入するよりも事実上やすい経費で運用できることになります。

>>SBI証券詳細情報


WealthNavi公式ホームページ

ロボアドを活用した自動投資ならWealthNavi

WealthNaviはロボットアドバイザーを活用した自動投資サービスです。
米国ETFをつ活用した国際分散投資をほぼ自動的に行ってくれます。資産運用には興味があるけど、投資のことを細かく勉強するのは面倒という方に最適です。ロボアドについては「ロボアド投資・自動投資」でも詳しく紹介。

>>WealthNavi詳細情報

 

投資信託人気証券会社
SBI証券
ネット証券最大手。投資信託の購入でポイントも貯まる「投信マイレージサービス」が人気。海外ETFも充実。
カブドットコム証券
MUFG(三菱UFJフィナンシャルグループ)のネット証券。投資信託部門に強み。フリーETFなど、サービス面も充実。
WealthNavi
2016年よりサービスを開始した米国ETFへの自動投資サービスです。中長期の資産形成に強みがあります。
投資信託入門講座 カテゴリー
投資を始める前に
投資信託の基礎知識
投資信託の種類
投資信託のコスト
投資信託の選び方 ←イマココ

投資信託と証券会社・銀行比較
投資信託クチコミ・評判
ポイント投資の活用法
投資信託コラム


投信入門講座 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集